MENU

PCMAXという出会いSNSで知り合った会社員の男性と会う約束の日、私は夫に「今日はお泊り保育があるから、明日の夜まで帰ってこないよ」と言い外出しました。普段から友達の家に泊まりに行ったり旅行に行ったりしない私は、こうでもしないと外泊なんて出来っこありません。もちろん嘘をつくのは忍びなかったですけど、夫は私の職場の事については全く無関心なので絶対にばれないと思い嘘をつきました。これも私自身が癒され夫との関係を壊さないためですので後ろめたさは一切ありません。

 

お相手の男性とは仕事終わりに待ち合わせをしました。お互いにはじめてという事でぎこちない挨拶を交わし、その後はホテルのカフェで少し話をしました。するとお相手の男性は「そろそろ食事にでも行きましょうか。美味しいものいっぱい食べてお腹いっぱいになったらぐっすり眠れますよ」といい、同じホテルのレストランへ連れていってくれました。美味しワインと料理で癒された私は、何だか気持ちがすっと軽くなり「早くこの人と添い寝したいな」という気持ちが芽生えてきました。

 

食事を済ませた後は男性が既に用意してくれていたホテルの一室へ。男性とホテルの部屋で二人きりなんて…添い寝するだけの関係とは言っても何だか体が熱くなってきてしまいます。しかしそこは我慢です。私たちはソフレとして会ったわけですから、変な気持ちはグッとこらえなければいけません。お互いに裸が見えないように交代でシャワーを浴び、しっかりとバスローブを身にまといベットに入りました。

 

気が付いたときにはもう朝でした。一晩中男性に添い寝をしてもらい、それが妙に心地よく知らぬ間に熟睡してしまったのでしょう。セックスはしませんしキスもしていません。抱き合うことすらしていません。しかし時折触れる彼の肌に私は身も心も癒されました。ソフレ募集をして正解でした。

 

それからというもの、私はことある毎にソフレ募集をするためにPCMAXという出会いSNSを利用しています。それもこれも私自身が癒され夫婦生活を穏やかにするためです。いつか夫が再び私を抱いてくれるようになるまで、私は他の男性と添い寝をし続けようと思っています。